HOME | ガイド | アップグレードオプションについて

アップグレードオプションについて

「月間優先OPT」ご契約者の「アップグレードオプション」利用について

 
「月間優先OPT」をご契約頂いている会員に「予約の過密により思い通りにDESKの確保ができない」状況が生じた場合の救済策についてまとめております。
 
 

《前提》


 
DESK No.1〜9の「月間優先OPT」の契約者が予約手続きに際してその権利を行使しようとしたとき、希望する時間帯のDESKが既に全て専有され、期待する時間枠の確保ができない状況が発生している場合を前提とします。
 
 
《救済策》
 
Case

A)利用開始時点において「月間優先OPT」を契約されているgradeのDESKに空きのある場合
 

①まずは空いているDESKにおいて可能な限り予約をお入れ下さい。
※予約状況が「細切れ」の状態となっても、可能な限り「渡って」頂く必要があります。なお、その際既に他の会員によって予約されている枠との間には少なくとも15分の空白域を確保せねばなりません。ご注意下さい。

②以降も同gradeの空き机の「渡り」により可能な限り予約を繋いでいって下さい。

③それ以降の「渡り」が不可能な状況になりましたら、次の(CaseB)に移行して下さい。

 
Case

B)利用開始時点において「月間優先OPT」を契約されているgradeのDESK全てが予約済みである場合
 

 ◆その時点より、1ランク上位のgradeのDESKを「代替のDESK」として追加料金なしにてご利用(ご予約)頂くことができます。この制度を「アップグレードオプション」と呼称します。 
※前記(CaseA)の要件(渡り)を満たさないことが確認された場合、スポット利用としての追加料金が発生する場合がございます。十分ご注意下さい。
※アップグレードオプションにより「渡れる」滞在時間の総計は6時間を超えることはできません。
例えば、gradeA「月間優先OPT」を契約している会員がアップグレードオプションの行使により1ランク上位のBOOTH(通常1unit6時間)を利用する場合も、施設内滞在時間の総計は先のご予約分との合算で「6時間以内」となります。

 
 
▶上記の方策によってもご要望に叶わない場合は「ダウングレードオプション」の利用もご検討下さい。
▶「ダウングレードオプション」の詳細につきましては、《ご利用の手引》〔 「ダウングレードオプション」について〕をご参照下さい。