HOME | ガイド | アップグレードオプション利用について

アップグレードオプション利用について

DESK No.6〜9「月間優先OPT」ご契約者の「アップグレードオプション」利用について

 
DESK No.6〜9の「月間優先OPT」をご契約頂いている皆様が「予約の過密により思い通りにDESKの確保ができない」状況が生じた場合の救済策についてまとめております。
 
 

《前提》


 
DESK No.6〜9の「月間優先OPT」のご契約者が予約手続きに際してその権利を行使しようとしたとき、希望する時間帯のDESKが既に全て専有され、期待する時間枠の確保ができない状況が発生している場合を前提とします。
 
 
《救済策》
 
Case

A)利用開始時点において「DESK No.6〜9」いずれかに空きのある場合
 

①まずは空いているDESKにおいて可能な限りの時間枠分、予約をお入れ下さい。
※既に入っている次のご予約との間には少なくとも15分の空白域を確保せねばなりません。
 
②以降「DESK No.6〜9」の空き机の「行き渡り」により可能な限り予約を繋いでいって下さい。
 
③それ以降の「行き渡り」が不可能な状況になりましたら、次の(CaseB)に移行して下さい。

 
Case

B)利用開始時点において「DESK No.6〜9」の全てが予約済みである場合
 

 ◆その時点より、BOOTH(DESK No.11〜14)を「代替のDESK」としてご予約頂くことができます。この制度を「アップグレードオプション」と呼称します。
この場合、BOOTH利用のための追加料金は発生致しません。

 
※前記(CaseA)の要件を満たさないことが確認された場合、BOOTHスポットご利用としての追加料金が発生する場合がございます。十分ご注意下さい。
※ひとたび「CaseB」のフェーズに至りましたら、その後は想定の時間枠を満了するまでBOOTHでのご利用を継続して頂いて構いません。
※1度に確保できる時間枠はDESKの上限である「3ユニット(2ユニット6時間+特例の3時間)」までとなります。行き渡りを含めた通算9時間までと解釈下さい。
※利用可能なBOOTHは予約ページ筆頭の「メニュー選択」において【OPEN】のカテゴリーにあるBOOTHのみです。メニュー内に表示されないBOOTHは「月間専有契約済み」のBOOTHにて、代替DESKとしてのご利用はできません。

 
 
 
▶上記の方策によってもご要望に叶わない場合は、DESK No.1〜No.5への「ダウングレードオプション」の利用もご検討下さい。
▶「ダウングレードオプション」の詳細につきましては、《ご利用の手引》〔 「ダウングレードオプション」について〕をご参照下さい。